忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/10/22 08:59 |
1-早漏とは

早漏の定義

1 挿入前、挿入途中、挿入直後のいずれかの時点で、本人の意思に反し
最小の性的刺激で射精してしまい、女性の欲求を満たせない状態。

2 挿入から〜射精までの時間が2分以内で、この状態が過去6ヶ月以上の間に
性交の5割以上で発生する場合。

3 不十分な勃起状態で挿入前の射精または、挿入後15秒以内の射精にいたる場合。

4 挿入後60秒以内の射精。

5 パートナーが希望する挿入から射精までの時間内で、射精をこらえられきれず
射精する場合。


早漏の医学的見地から見た定義には諸説あるようですが
2003年度的性機能障害に関する国際コンサルテーション会議で提出された勧告が
現在のところ最新の定義となっているようです。

以下の3つの診断基準を満たす場合を早漏と診断する。

(1) 膣内射精潜時が、短い。
(診断基準に合致する必要は無いが、膣内射精潜時の目安を、通常2分以内)

(2) 射精のコントロールが不能。

(3) 本人、またはパートナーの心理的な苦痛。

早漏とは膣内挿入後30秒以内、1分半以内あるいは2分以内にオーガズムに達する事
すなわち射精してしまうことなどと、時間を基準とする定義もあれば
性交の際のピストン運動が10回以内に射精してしまうことと
性交運動の回数を基準とする定義もあるようです。

また、時間や回数が重要な問題ではなく、射精反射のコントロールがうまく
出来ない状態が早漏であるとの定義もあるそうです。

最近行われた早漏に関する研究調査によりますと
18歳から25歳の健康男性を対象とした、同一女性の手指によるペニスに対する
刺激の開始で射精までの時間を測定したところ、平均156秒との結果が出ています。

実際は一般に考えられているより短い時間で射精に至るのかもしれませんね。



PR

2007/10/18 13:48 | Comments(0) | TrackBack(0) | 早漏とは
2-早漏の種類

早漏の種類

過敏性早漏
皮膚や粘膜の神経が過敏すぎて、ちょっとした外的刺激で脊髄末端の射精中枢が
興奮の頂点に達し射精してしまう人。性欲や勃起力は非常に旺盛ですが
陰茎の感触神経が非常に過敏なため大脳は充分興奮していないにもかかわらず
精液が自分の思いとは関係なく不本意に放出されてしまう。

衰弱性早漏
勃起神経系の衰えとともに、射精をコントロールする射精管閉鎖筋の筋力が弱くなり
精液が力無く漏れてしまう。加齢などで男性ホルモンの分泌力が低下して
絶頂まで射精管を閉めていなければならない筋肉が弛緩する事が原因。

心因性早漏
性器に全く刺激がなくても頭の中で想像・妄想しているうちに射精してしまう。
セックスについての想像力が豊かなため、大脳の性感情だけが強すぎ
ささいな刺激を勝手に拡大解釈して興奮が高まってしまうのが原因です。

仮性包茎早漏
亀頭が常に陰茎の包皮に被われているため、性交時の刺激(摩擦感)が強すぎて
短時間で射精してしまう。セックスの経験不足、過度の緊張、長時間の禁欲
脊髄神経の反射が過敏なこと、などが原因であることも多い。




>>>早漏克服方法 詳細<<<



2007/10/18 13:50 | Comments(0) | TrackBack(0) | 早漏とは
3-30歳過ぎてからの早漏

30歳過ぎてからの早漏

30歳を過ぎてからの早漏とは。

昔は早漏ではなかったのに、急に早漏になったという様な人は
精力が減退した証拠だと考えても良いかもしれません。

なぜならば、17、18歳の若い頃の早漏は、ほとんどの場合、単にペニスの尖端が敏感なために起こる早漏です、30歳を過ぎてからの早漏とは、射精をコントロールする射精閉鎖筋
という筋肉の筋力、働きが鈍く、弱くなったために起こるためだとされています。

悲しい話かもしれませんが、言い換えれば、可愛いオネーチャンといい感じになって、食事に誘いそのまま性交に及んだ際、早漏になってしまうのは、射精をコントロールすることが出来なくなってしまったということです。

これは例を挙げれば、老人がオシッコを漏らしてしまうのと同じことで、老人は、漏らそうと思って漏らしているのではなく、尿道を閉鎖する筋肉を自分でコントロールできなくなったために結果的に漏らしてしまっているのです。

そこまでひどくなくても、中年になると、オシッコの切れが悪くなるということがよくありますが、これも尿道を閉鎖する筋肉の働きが弱くなったために起こる症状です。

このように30歳を過ぎてからの早漏は、若い頃の早漏とは根本的に違って男性ホルモンの分泌が盛んならば起こらない症状なのです。

なので、男性ホルモンの分泌が盛んになるよう食事やサプリメントなど外から働きかける事で
精力を盛んにし、早漏を防止する事が出来るという事を覚えておいてください。





>>>早漏克服方法 詳細<<<



2007/10/18 13:52 | Comments(0) | TrackBack(0) | 早漏とは
4-女性から見た早漏

女性が考える男性の条件

男性が男性としての『自信』を考えたとき、実は「大きさ」が重要視されます。
しかし、実際女性はどう考えているかと言うと、驚くほど分かれています。

Q:どのようなペニスが好きか?

A:「長いのが好き」「太いのが好き」「硬いのが好き」

その嗜好はその人それぞれでのようです。

実は男性が思っているほど、「大きさ」が重要視されていないのではないかと思います。

しかし、いくら『大きさは関係ないよ』と言われても、気になってしまうのが『男ココロ』。このアンケートでも気になる言葉もあります。

長さ
・奥をつかれる感じがいい
・奥じゃないと駄目

太さ
・満たされる感じが好い
・メリメリって入るのが好き

硬さ
・硬くないと抜けそうで、集中できない!
・硬くないと奥で締めたときに感じられないので

など、さまざまです、これらの条件は非常に偏った条件、意見ではありますのであくまで
ご参考程度にお考えになられると良いでしょう。

それよりも女性が重要視するのは、包容力、やさしさ、お金などの方がウエイトが高いと思います
いずれにせよ、自信みなぎる男性は女性にもてます。確固たる自身をつけるために、早漏を
克服するのも一つの方法でしょう。


>>>早漏克服方法 詳細<<<





2007/10/18 13:53 | Comments(0) | TrackBack(0) | 早漏とは
5-早漏の治療法

早漏の治療法

実は早漏の原因とは精神的な「心因性」のものが90%以上といわれています。

「早く射精してしまった時のなんとも言えない感じ」が頭から離れず早漏を繰り返す癖が付いてしまっている場合が多く、再び「早い」射精になってしまう事が多いようです。

出来るだけ違うことを考え、我慢する、気持ちよくならないためにがんばりましょう
男は辛いのです。気持ちよいことを考えるとすぐに終了してしまうのです。

こんな事ならば「行為」自体を諦めてしまうようになるかもしれませんね
でも人間の本能的な事ですので、そう簡単にやめれるモノではありません。

早漏の予防の方法はとにかく「自信をつける事」「慣れる」そして「気合を入れる」「征服する」というようなお仕事感覚でとらえるくらいの方が良いかもしれません。


 


2007/10/18 13:55 | Comments(0) | TrackBack(0) | 早漏対策
6-早漏の治療法

早漏の治療法

早漏の治療法としては、セマンズ法というのがあり
まずパートナーに用手的に陰茎を刺激してもらい
オーガズムに達しそうになったら、刺激を中止させます。
射精感が弱まったところで刺激を再開させ、同様にオーガズムに達しそうになったら
刺激を中止させます。
これを4回くり返し(苦しい状態ですな・・)4回目で射精します。

以上が何度かうまくいくようになったら、いよいよ性交で
女性上位でペニスを腟内に挿入しオーガズムに達しそうになるまで
パートナーを上下に動かしそして、オーガズムに達しそうになったら
パートナーの動きを止め射精感が弱まったら再び始めます。
4回目に腰を動かして射精します。

女性上位でうまくいくようになったら、次には側臥位で同様のことをくり返し
男性上位は最後に行うようにします。

この方法を行うことで、比較的短期間で射精をコントロールできるようになるそうです。

ですが、この方法では女性は性的な満足を得ることが困難なので
パートナーの理解と協力が必要です。



>>>早漏克服方法 詳細<<<




2007/10/18 13:56 | Comments(0) | TrackBack(0) | 早漏対策
7-早漏用コンドーム

早漏防止法コンドーム

ちょっと厚めのコンドームで早漏防止

早漏防止の第一ステップ 『コンドーム』

意外と効果があるのがコンドームを装着することなのです。

また、早漏の方のために亀頭部分が緩やかにデザインされた製品もあり
年齢や持病を問わずご使用出来ますので、万人向けの「早漏基本的対策」として
是非お試し頂きたい手法です。

また、コンドームを2枚装着する事で更なる予防にもなります、しかし装着に時間がかかるなど
面倒な部分もありますので、あまりオススメできません。

最近は極薄のコンドームもございますが、逆に厚めのものも販売されており、早漏にはそちらを
お勧めいたします。


2007/10/18 13:58 | Comments(0) | TrackBack(0) | 早漏対策
8-射精の交感神経支配

射精の交感神経支配

人間には、交感神経副交感神経の2種類の神経があります。

その交感神経は、人が活動する為の神経。
エネルギーを発散するようにはたらき、血圧が上がり、瞳孔が広がる、鼓動・呼吸が速くなったりします、また胃腸のはたらきが弱まります。

敵や窮地に追い込まれた時などに働く神経で、意識が高まり集中力が増します。その時胃腸などの消化器官の活動はあまり行われません、食事の後はゆっくりリラックスする方が良いのです。また性行為時、この交感神経の働きが強まることで、射精に至ります。

また、副交感神経は、リラックス時に働く神経。
体にエネルギーを蓄えるようにはたらき血圧が下がる、瞳孔が収縮する、鼓動・呼吸が遅くなる、胃腸のはたらきが活発になります。
心は静寂して落ち着き、眠くなったりします。
性行為時は副交感神経の働きが強くなることで、勃起が起こります。

朝、寝起きの眠いときに勃起するのは副交感神経によるものと思います。

平静時には、交感神経系のシグナルと副交感神経系のシグナルの両方が互いに作用し
ペニスは萎縮と勃起の中間の状態にあります。

人間の体のメカニズムは不思議というか上手くできているというか複雑で精密でしかもシンプルです。
これ以上のコンピュータはないでしょうね。


 


2007/10/18 13:59 | Comments(0) | TrackBack(0) | 早漏とは
9-射精とは

射精とは?

射精とは、男性器から精液を放出すること。

通常は性的な刺激に対する反射として起こります。
ただし、睡眠中に自然に起きることもあり、そのような場合は
夢精と呼ばれて区別されているそうです。

前立腺のマッサージによって起きたり、極稀ではありますが前立腺の疾患が原因で
引き起こされることもあるそうです。

射精の工程は大きく分類して二つの順序からなり
精液が尿道前立腺部に集められる過程(エミッション)と
精液が尿道を経由して外尿道口から放出される過程(エジャキュレーション)とに
分けられます。

通常射精と呼んでいるのは後者を指すものでございます。

性的な興奮が高まりますと、精巣上体(副睾丸)尾部に蓄えられていた精子は
少量の分泌液とともに精管の蠕動運動により精管末端部にある
精管膨大部まで順次運ばれ、精子はここで射精の瞬間まで待機する。(ウエイティング)

性的な興奮が絶頂点に達する(オーガズム)と大脳から脊髄にある
射精中枢にGO指令が送られ、膀胱括約筋が固く収縮するとともに
前立腺液が尿道前立腺部に排出され、精管膨大部に蓄えられていた精子も
射精管を通って尿道前立腺部に押し出される。

この過程がエミッションである。このとき膀胱の出口は固く閉じられているので
精液が膀胱に逆流することはない。

一方、尿道括約筋も固く収縮しているので精液は行き場を失い前立腺内で
圧力が非常に高まる。これがいわゆる射精直前の感覚である。

第二段階のエジャキュレーションは尿道括約筋が弛緩することから始まり
前立腺内に充満した精液の内圧によって一気に押し出され
尿道の球海綿体筋などの働きによってペニス先端の外尿道口から勢いよく放出される。

同時に精嚢の平滑筋も収縮を繰り返し
精液の約7割を占める精嚢液が少し遅れて律動的に放出される。

射精時の勢いと液量については個人差が大きく
通常の射精では約2〜6ミリリットルが放出されるといわれる
(ティースプーンからテーブルスプーン程度)が、数滴やこれを超える例もあり
その幅は広い。

射精の液量については、その射精の前2日間で
最後に射精したのがいつであるのかに大きく依存している。

言い換えると、最後の射精が最近であるほどその液量は少なく
2日かそれ以上経っていれば量は多くなるだろう。

射精時の精液の出る勢いは、立って真横に射精した場合
数十センチから数メートルにも及ぶ。

ただし、前回のオナニーからの間隔が短い場合には
ペニスから沁み出すようにして射精する例もある。

射精一度あたりの精子数もまた個人差が大きい。
この数に影響を与える因子は数多くあり、最後の射精からどのくらいの時間が経過したか
睾丸の置かれた温度環境、射精までに要した性的興奮の時間、年齢
テストステロンのレベル、個人差、精液の量などに依存する。

無精子症や乏精子症などの疾患では精液中に精子が全く見られなかったり
少ないために不妊症(男性不妊という)の原因となる。

なお、射精時の感覚および態様を、擬態語で
「ドピュ」あるいは「ドピュッ」と表現する俗語がある。


2007/10/18 14:01 | Comments(0) | TrackBack(0) | 早漏とは
【早漏】日頃の鍛錬なしで簡単に早漏を克服する方法

2007/10/25 01:48 | Comments(0) | TrackBack(0) | 早漏対策

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]